ゆとりミニマリストの雑記ブログ

感じたことをつらつらと

生活習慣を見直して生活習慣病のリスクを下げましょう

はじめに

今の日本は本当に農水産物などの食が豊かで、近くのスーパーやコンビニに行けばなんでもうっている便利な世の中です。しかしながら、自分が好きなものばかり買って食べている生活をしていると、生活習慣病になるリスクがぐっと高まります。

特に年を重ねるにつれて生活習慣病になるリスクは上がるため、中高年の方は気を付ける必要があります。

生活習慣病の主な原因は血中のコレステロールなのですが、このコレステロールのすべてが悪さをしているわけではなく、問題はLDLの存在です。LDLが血管を詰まらせたりすることで、深刻な病気が発生します。

身近な生活習慣病の一つに、高血圧があります。高血圧は、悪化するとさらに重い病気(脳梗塞など)を引き起こすため、注意が必要です。

生活習慣病の予防のために

日常の食生活、食事のバランスに気を使うことで、LDLコレステロールの量を抑えることができます。つまり、食事面からうまくコントロールすることで、LDLコレステロール値を減少させることができます。

食事を見直せば定期健康診断の結果ももちろんよくなります。病気になりにくくもなりますし、今日から食生活を改善することが大事です。

不飽和脂肪酸を含む食材を摂取しよう

どのように改善すればいいかというと、不飽和脂肪酸を含む食べ物をとるのがおすすめ。これにはオメガ3脂肪酸が該当しますが、DHA、EPAなどが有名です。 これらの脂肪酸は体内の血の流れをよくする効果もあります。 

サプリなどにもなっている人気の栄養素で、国の機関も毎日の摂取を進めているため、効果的にも信頼できます。

青魚にはDHAとEPAが豊富

サンマやイワシなどのいわゆる青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれているため、おすすめです。現代人は肉ばかりで魚を食べる習慣が減ってきているといいますが、意識してこれらの魚を摂取するといいかもしれません。料理のレパートリーを工夫してなるべく食卓に並べるようにしましょう。

魚を切ったり料理したりするのが苦手、めんどくさいというのであれば、調理済みのものや缶詰でも大丈夫。ただ、塩分過多、糖質過多にならないように気を付けましょう。

HDLコレステロールについて

HDLコレステロールについても学習しておきましょう。

LDLと違いHDLはいわゆる善玉で、血の流れをスムースにしてくれます。チョコやアーモンドなどはHDLコレステロールを増やす効果があるので、積極的にとりましょう。